年齢と現状がキーになる女性の転職

年齢と現状がキーになる女性の転職

年齢、現状がキーになる女性の転職

PAGETITLE
女性にとって職業というものはとても重要になる。それは男性でも同じであるが、男性とは状況が異なる。女性の社会進出が進んでいるもののまだまだ家庭は女性が守るものという意識、環境が多い。男性は一生家族を養う必要があるという意識を持っている人が多い。一方、女性は仕事が好きだから一生働きたいと思う人もいれば、結婚するまでのいわゆる腰かけに仕事をするという考えの方もいる。両極端の意識があるからこそ、企業も転職を希望する女性がどちらのタイプかを見極めないと損をする。

結婚するまでの間もしくは出産するまでの間、働きたいという女性でも正社員を希望する人は多い。企業にとって正社員を一人雇うのにかかる費用は非常に大きい。だからこそ、派遣社員を求める企業も少なくないのだ。女性が転職を希望する理由としてはステップアップのためや人間関係に問題が生じた場合、引越しをした場合など多々の理由が考えられる。女性にとって仕事のターニングポイントは結婚、出産、親の介護だろう。だからこそ、企業も女性の年齢や現状を気にするのだろう。以前は結婚の予定を聞く企業もあったが今ではそれを聞くとセクハラだと言われるので聞くこともできない。女性の本意を面接のみで聞き出すのは企業にとって非常に難しいだろう。

正社員と派遣社員、アルバイトでは給料の差が非常に大きい。もちろん、責任という立場においては給料に差をつけることも止むを得ないが、転職を望む女性が本当はどのくらい仕事に邁進したいと思っているかを知ることは非常に難しい。1,2年だけ働こうと思っていたとしても派遣社員では給料が安いので正社員で応募し、面接では一生働きたいと思っていますと言っておきながら、いざ蓋をあけると結婚が決まったので退職しますということもありうる。そういう考えの女性がいるから、本当に一生仕事を続けたいと思っている女性にとっては転職は非常に難しい。企業が敬遠してしまう可能性が非常に高いからだ。派遣社員だと簡単かというとそうでもない。派遣あっせん業者も女性の年齢を重視する。20代前半だとたくさん求人があるが、30を過ぎると歴然と求人が激減する。女性にとって転職は非常に難しいので、最初の企業選び、心構えが重要となる。


Copyright(c) 2016 年齢と現状がキーになる女性の転職 All Rights Reserved.